全て偶然?

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211

429 :偶然1:2009/05/04(月) 15:40:24 ID:a4hgF4Zj0
私の体験談です。かなり長文で読みずらいかと思いますが、興味のない人はスルーでお願いします。

最初の事件は、俺が中学卒業を控えた三月に起こった。
今でも昨日の事のように覚えてる。

三月四日、俺は友人と卒業旅行の計画を立てた。
この時のメンバーは俺を含め5人。ここでは友人A、B、C、Dにしとく。
皆いつも一緒に遊んでて、とても仲が良かった。…と言いたいが、AとCはそれほどでもって感じだった。
というのも、Aが中3の1学期、引越してきたその初日に、Cと取っ組み合いの喧嘩をしたからだ。
理由はしょうもない事なのだが、Aを田舎者とCが馬鹿にしたかららしい。
AとCの間にわだかまりはあったが、皆、仲が良かった。

話を戻そう。
旅行計画を立てた俺らだが、金が無い事に気付く。
そこでAの提案で、「卒業キャンプはどうか?」という事になった。
(以下会話)
俺「キャンプつたって寒くね?何処に行くよ?」
A「知らん(笑)山でいいやん。山行こうぜ!山楽しそうやん。BBQしようや!
 あ!俺、明日、誕生日やしケーキ頼むよ」
C「あ!俺も丁度その二ヶ月後」
D「Cは何も関係ないやん(笑)」
B「っつか金かかるけんケーキはイヤ(笑)」

という感じで、金網、寝袋、食料、タバコを持って、山の頂上でキャンプに決まった。

430 :偶然2:2009/05/04(月) 15:42:35 ID:a4hgF4Zj0
翌日、昼の3時から登り始めたのだが、荷物の多さと疲れから10分おきに一服休憩を取ってたら、
頂上に着く頃には辺りは真っ暗になっていた。
とりあえず、山頂にある小屋で一服しながら、飯準備班をジャンケンで決める。
俺とAとCは飯準備、BとDはフリータイムだ。
俺らが火を起こす間BとDは暇だったらしく、街を一望できる絶好のスポットを探しに行った。

まぁ火を起こしながら、俺、A、Cはたわいもない話をしていた。
その時、俺は何の気無しに、AとCが喧嘩した時の事を聞いてみた。
A「昔の話やん(笑)」
C「うん!っつかな、俺ら実は幼稚園一緒で幼なじみやったんよ(笑)」
俺「何やそれ!?何でいきなり喧嘩したんよお前ら(笑)」
A「そら田舎者って言われたら、お前もやんけって思うっしょ(笑)」
C「ゴメンって(笑)」

そんな会話をしてたら、向こうの方で声がしてきた。
BとD「お~い、スゲー綺麗なスポット発見!こっち来てみ」
俺らは立ち上がり、彼らの方へ向かって行こうとした。
その時、小さなボッロボロの神社と鳥居を見つけた。暗かった為気付かなかったのだろう。
少し気味が悪かく怖かったのだが、ビビりと思われたくもなかったので、俺はスルーした。

そんなこんなで飯の準備も出来、皆集まり食事をした。
その後とりあえず、夜景みながら青春の一服!
時間も調度イイ感じに12時を回ってた。
暇になった俺らは、寒いのもあって小屋に戻る事に…
(小屋といっても灯もない。ちょっと広いバス停小屋みたいな感じ)

話すネタも尽きかけた頃、Dが怖い話しをしようと言い出した。
正直、ふざけんな!怖いのヤダ!ってな感じだが、好奇心もあって、Dから順に一人ずつ話をする事になった。
今思えば、ここからがおかしい事の始まりだった。

431 :偶然3:2009/05/04(月) 15:44:38 ID:a4hgF4Zj0
D、俺、C、Bが話し終えたが、正直どれも似た話で、皆ゲラゲラ笑ってた。
そして最後、Aの番になった。
D「さぁラストはスゴイの期待しとるけん(笑)」
A「…」
俺「はやく~」
A「…イヤや…」
B「何よそれ?話せや」
A「ん~止めよう…」
D「は?何でもイイから」
A「…」
D「もうイイわ」

沈黙が流れた。
突然Aが、
「分かった…言う。そのかわり、人に絶対言うなよ…絶対やけな!!」
Aは話し始めた。

これは、Aの叔父に起こった話らしい。Aが以前に住んでいた所の話。
Aが以前住んでいた所は(仮に)T区。山を挟んで発展した地区が俺らの住む(仮)Y区だ。
T区は山の反対側という事で、かなりの田舎。
Y区からT区に行くには峠を越える必要があり、その近くには霊園池があった。
その霊園池は何度かテレビも来るほど、巷では有名な心霊スポットだ。
その霊園池の見える峠道のふもとの地区にAは住んおり、彼の叔父や叔母といった親族もその地区にすんでいたが、Aは両親の離婚をきっかけに、俺らの住むY区へ父と二人引越してきた。(話はここから)

432 :偶然4:2009/05/04(月) 15:50:13 ID:a4hgF4Zj0
ある晩、A家に叔父から『遊びに行く』という電話があった。
2時間後、A家に叔父が到着したのだが、明らかに様子が変だ。
顔は蒼白、息を切らしながら目が泳いでいたという。
変に思ったA父が、どうしたのか叔父に聞いてみた。
叔父「…や、ヤバイ。どうしよう。え!?何よ?…何で」
A父「わけが分からん事言うな!落ちついて話さんか」
叔父「…お兄、変なもん見てもうたわ。お兄と昔、見た奴・・・」
その瞬間A父の顔付きが変わり、
「…言うな!おい!A!お前部屋に戻っとけ」
Aはそう言われ、部屋に戻ろうとしたが、話を盗み聞きしたらしい。

A父「・・・お前一から話せ」
叔父「…俺も昔の事で忘れちょったけど…こっち来る途中見てしまった」
T区からY区へ来る途中の峠道。
車を走らせトンネルにさしかかった頃、信号待ちで、ふと運転席側の窓を見たらしい。
窓の外には、真っ暗で静まり返った霊園池が見える。
道路から10m程の崖下…何か見える。池のほとりにある小さな井戸の所。
何かいる。
叔父は窓を開け、目をこらして見たらしい。
そこには髪の長い女らしき何かが、井戸から水を汲み上げては頭から水を被っている。
時折り「ギャッギャッグァー」などと言いながら、笑い声をあげている。
キチガイのように水を被っては笑うの繰り返し。

叔父が怖くなって車を走らせようとした時、突然そいつが「みーつけた!」。
叔父の方を向き、笑いながら何か叫びだした。

433 :偶然5:2009/05/04(月) 15:51:28 ID:a4hgF4Zj0
そいつの顔は何か何とも言えない。…目と鼻や口の位置がグチャグチャ。
「£#&おまぁぇえ!…@*&ギャッー!*&××」
何と言ってるか聞きとれない。
ただ、「たん…じ××び!…×前」と言う言葉だけかろうじて分かったらしい。
叔父は怖くなり、急いで車を走らせA家に来た。

叔父「ただのキチガイかと思ったけど…あの事思い出した途端コワーなってな」
A父「…ただのキチガイやろ(笑)気のせいや」
叔父「そうやろか…」
この時は、ただのキチガイな奴で話を終わらせたらしい。

それから二週間後の12月3日午後8時頃、A家に一本の電話がかかってきた。

434 :偶然5:2009/05/04(月) 15:52:19 ID:a4hgF4Zj0
病院から…叔父が担ぎこまれたとの電話だった。
Aと父はすぐに病院へ行った。
Aと父は少し待たされ叔父のいる病室へ通された。
医者によると、原因不明の病気とかではないらしく、ただ…神経衰弱、一種の精神病かもしれないとのこと。
病室に残されたA、A父。
A父「…お前、前、こいつが来た時、俺らの話し聞いとったやろうが…」
A「…え?…う、うん」
A父「…何も関係ない…いいか!もう忘れろ」
A「…」
少し気まずい空気が流れた…

すると突然…ガバっと叔父が起き上がり、ベットの上に立ち上がりだした。
A父「おっ!おう、○○調子どうや」
叔父は何も答えず、ベットの上に立ち二人を見下ろす。
この時Aは、病室にいる叔父の顔を始めて見たのだが…誰だコイツと思ったらしい。
それはAが知る叔父の顔じゃなく、何かこう目や鼻が変形し、グチャグチャの顔だった。

435 :偶然6:2009/05/04(月) 15:53:15 ID:a4hgF4Zj0
瞬間…
「ギャッギャッギャッ」
叔父が笑い出した。
A「…」
叔父「ギャッギャッお前…ゆるさん…ギャッギャッた…じょ×び」
Aを指し叔父は言った。
叔父「…お前か!?*&@ギャッギャッ……はお・ま・え」
次はAからA父と順に指を指して行った。
そして何故か誰もいないA父の隣を指した瞬間、
「…うんうん…分かっとる」
叔父はそう言うとニッコリ笑い、また布団の中にもどり横になった。
この一連の行為は30分間隔で起きたらしい。

Aが怖くなって震えていると、A父は「A、今の事誰にも言うなよ」。
…っと、ここでAによる怖い話しは終わった。

436 :偶然7:2009/05/04(月) 15:54:21 ID:a4hgF4Zj0
A「こんなかな、俺の怖い話しは…あっ絶対ここにおるもんだけの秘密やけん(笑)」
俺「…ふざけんな…ヤバすぎるやろうが」
B「…っつか…昔の奴て誰なん?気になるし」
A「知らんでいいよ(笑)」
B「怖えけん話せや…」
A「無理やな・・・お前らには関係ないもん」
D「っつかお前よく、そんな話しすんなや…キショイけん止めれ」
A「はぁ?何が?(笑)」
俺「イヤ、気持ち悪いって・・・」
B「それって霊園池に関係しとん?」
すると、それまで無口だったCが小さな声で喋りだした。
C「・・・止めて」
俺らは好奇心から、Aを問い詰めてでも事の真相を知りたがったが、それ以上は聞かなかった。
ハッキリ言って全員、無茶苦茶びびってたからだ。
夜の山というシチュエーション・・・何か怖かった。幽霊がどうとかって話じゃない。何かイヤだった・・・

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211

437 :偶然8:2009/05/04(月) 15:55:16 ID:a4hgF4Zj0
静まりかえった暗い小屋。俺は空気を変えようと、とりあえずタバコに火をつけた。
その火の明りで一瞬、正面に座るAの顔が見えた。
Aは小屋の外に何かを見つけたような、ハッとした顔をしていた。
俺「おいA!もう怖がらせんでいいて。止めろ。外見てビビらせようとすんな」
A「う、うん。別に何も見えてねぇし(笑)」
見えてないって何だよ・・・

もう誰も喋らない。喋れない。時刻は午前2時を回る。
俺はAの話が恐すぎてずっと引きづっていた。ただでさえ小心者なのに・・・
話しがリアル過ぎて怖かった。
小屋にはもう居たくなかった。
外にも出たくなかった。
もう帰りたい。
俺は変なもん見ないようにと、目を閉じて考えないようにしてた……
俺はいつの間にか眠っていた。

438 :偶然9:2009/05/04(月) 15:56:08 ID:a4hgF4Zj0
・・・キ
パキ・・バキバキ・・

変な音が聞こえる・・・
怖くて敏感になっていた俺は、すぐに目が覚めた。
バキ…
外から聞こえる。木の枝が折れてるような音。
背筋がゾクーっとした俺は、横にいるBを起こした。
俺「おいちゃ!起きれ!」
B「…何よ?、もう」
俺「おい!外からバキバキ聞こえるて。起きろ」
B「もう…びびり過ぎ。何も聞こえんや…ん」
バキ
B「!? おい、・・・今何の音?ちょいヤバイて!今の何の音よ?」
俺「分からんけど、木が折れる音じゃね?」

439 :偶然10:2009/05/04(月) 16:01:20 ID:a4hgF4Zj0
二人のやり取りにDも目が覚めていた。
D「…ちょい待て!お前ら喋んな!黙れ!」
バキバキ…
確かに音が聞こえる。静まりかえった山では、響くように…

俺の膝ガクガク。とりあえず一服して気を落ち着かせる。
その時、ある事に気づいてしまったが、あえて言わなかった。
何か怖くなったからだ。

B「ヤバイ!逃げるぞ」
D「ソッコー!逃げよ」
B「AとC起こして!」
D「え!?あっ?」
B「は?おらんやん!何処行った!?」
そう、AとCがいない事に気づいたんだ。
俺「…あいつらの仕業?」
D「何で!?何の為よ」

とりあえず俺らは外へ出て、絶景スポットがある広い原っぱまで突っ走って逃げた。
俺「とりあえず、AとCどうするん?」
D「待っとこう」
俺らは一服しながら待った。

440 :偶然11:2009/05/04(月) 16:02:23 ID:a4hgF4Zj0
20分後…向こうから誰か来た。Cだ。
俺「何処行ってたん!?」
C「う、うん…小便。小屋に戻ったら誰もおらんかったから…捜したわ」
B「おいC!Aは?」
C「一緒に小便してたよ」
D「っつかバキバキ聞こえたやろ?」
C「イヤ・・・聞いてない」
B「どんだけよお前。でAは?」
C「…」
B「?イヤ、Aは?って・・?」
C「・・・ん?」
D「は?Aじゃボケ!ふざけんな」
C「…知らん」
B「あ?意味分からんて、何処やAは?」
D「お前Aと小便しよったんやろうが」
C「…」
D「お前Aと小便しよったて言ったろうが」
C「…言ってない」
B「え?ウザイよ。オメー言ったろう?」
C「あ、あぁ…Aね、あいつは先に小屋に戻るって言ってたよ」
様子が変。何だCの意味不明な発言は?

ともかく俺らは、二人づつに別れてAを捜すハメになった。時刻は午前4時を回る。
俺「あのガキャ!マヂいらいらするわ!何処おるんや。気味悪りぃのに…」
C「…」
俺「っつかお前、何か知っとんかよ」
C「…知らんて」
俺「何?お前…喧嘩売っとん?」

442 :偶然12:2009/05/04(月) 16:03:20 ID:a4hgF4Zj0
C「…」
俺「あっ!分かった!ドッキリやろ?もう。ウゼー…ビビらせようとしとんやろ」
C「…ごめん。あのさ…実はさ、俺さ、Aと小便してないんよね」
俺「は?どういう事?ちょ止めてや…怖いし。キレるよ?」
C「…ごめん、全部話すわ…」
Cは話しだした。

実は小屋の中で皆眠ってた時、Aが小屋の外に出て行くのを見たらしい。
Cは気になって、Aの後をついていった。
Aはボロボロの鳥居をくぐり、神社の前ですぐに止まった。
すると神社前でAは何か、誰かに話しかけるように手を合わせて喋っていたらしい。
ニヤニヤと笑いながら…

次にAは、神社の横にある木の枝を折りだした。
手頃な棒を捜すように…折っては捨て折っては捨て。
調度いい長さの棒きれになったのだろうか…
Aは折るのを止め、次にポケットから数枚の紙切れをだし、棒に貼付けていった。

443 :偶然13:2009/05/04(月) 16:04:16 ID:a4hgF4Zj0
次の瞬間…Aが振り向き、
「?!」
Cに向かって走ってきた。
Cは怖くて動けなかったらしい。

A「ぉぃ!おい!おい!見た?…(笑)」
C「…」
A「…お前、俺が今日何であの話ししたか分かる?(笑)」
C「…何が?」
A「お前知っとろう?」
C「知らん…」
A「お前分かっとろう?」
C「・・・知らんて!!」
A「まぁいいわ。言うなよ(笑)あ、皆に俺の事ごまかしとけよ。そうすりゃお前は見逃しちゃるけ」
C「俺は!?」
A「そう(笑)」
そういうと、Aは山を降りて行ったらしい。

それを聞いて俺はゾクッとした。
ってか、Aは普段そんな事言う奴じゃないし、そもそも「知ってる?」て何をだよ。
Cに聞いても分からないの一点張り。
Cは嘘ついてるんだろうか?でも、何故?

444 :偶然14:2009/05/04(月) 16:05:32 ID:a4hgF4Zj0
ともかくB、Dと合流し俺は、この事をBとDにも話した。
ハッキリ言って、バカバカしい話しだ。
でもAは何処にもいない。もう泣きたかった。
もちろんCを問い詰めたが、嘘をついてるようにも見えない。
確かにAの荷物もなかった。

明け方、とりあえず俺らは下山し、その足でAの家へ向かった。
俺、B、Dはキレ気味。Cは若干震えていた。

A家に着いたが誰もでない。
自己中野郎は寝てんだろうと、キレ気味なまま俺らは家に帰った。

翌日、午前10時頃、俺ん家の電話が鳴った。Bからだ。
B『…ねぇどうしよう…』
俺「何が?」
B『イヤAのこと』
俺「あぁ…後でAんとこ行こうや」
B『イヤ違うんよ…お前ん家、警察から電話あった?』
俺「何で警察なん?何なんよ?意味不明やん」
B『Aの事で…』
俺「だけんAがどしたんかちゃ!何よ?はよ言えや」

445 :偶然15:2009/05/04(月) 16:06:34 ID:a4hgF4Zj0
B『Aが死んだ。昨日、自宅で首吊ってたって…』
そう聞かされた。俺は吐き気がした。
ってか、何でAが死ぬ?意味が分からなかった。嘘か?
イヤ、嘘をつく必要がない?俺の頭は混乱していた。

その後、俺の家にも警察から電話があり、俺らは事情聴取を受けたが、遺書も発見されたため、自殺という事になった。
警察「一応遺書も見つかって自殺って事なんだが、原因とか知らんか」
俺「…原因って?…そんなん分からんです僕にも…」
警察「A君に何か変わったこととかなかった?」
俺「…分からんですょ…あ、遺書。遺書には何て書いてたんですか?」
警察「ん~遺書ね。そばに木の棒が落ちてて、紙が貼付けてあったんだよな」
俺「棒?」
警察「そう。おかしいんよな。その棒に、遺書らしき札のような紙キレが貼付けられてた」
俺「……で紙には何て?」
警察「う~ん、こういうのは言えないんだよ」
そんなやり取りを終え、俺は家に帰された。

446 :偶然16:2009/05/04(月) 16:09:32 ID:a4hgF4Zj0
そして俺は、遺書の事を後で知ることになった。
これはDから聞いたので、本当かどうかは分からないが、その紙にはCの名前がぎっしりと書かれ、最後の行は
『駆除…皆ごめん』
で閉めくくられており、また、Aの顔は変形し、グチャグチャに歪んでいたらしい。

Cの名前だけ?違和感を持った俺らは、Cが何か知っているに違いないとCを問い詰め、話を聞いた。
そして俺たちは、AとCだけが知る秘密を知ることに・・・。

Aは両親の離婚で引っ越してきたと俺らは聞かされていたが、実は違っていた。
Aの母は亡くなっていたらしく、理由はよく分からないが、霊園池のほとりにある桜の木で首を吊っていたとか。
その第一発見者がAとCだった。
AとCは幼馴染で仲がよく、たまたま釣りに行った霊園池で見てしまった。
発狂したAの母親が首を吊る一連の行為を・・・。
Cはあまりに突然の事で傍観するだけで、隣にいたAは発狂したかのように突然笑い出し叫びだしたという。

それから数日後、Aは学校に来なくなり、Cもトラウマになっていたらしく、Cは胸に抱える不安を取り除くように、何故かもう一度一人でその霊園池に行った。

その時見た光景・・・Aが一人、木に話しかけ、狂ったように叫びだし笑っていたという。
その光景が目に焼きついたCは軽い精神病にかかり、引きこもりになったが、Cの両親がその出来事を察知してか、Cは俺らの地区に引っ越してきたらしい。

447 :偶然17:2009/05/04(月) 16:10:36 ID:a4hgF4Zj0
そんな話を聞いた俺らは、本当に後悔した。
俺はAが大好きだった。すごくイイやつで、ひょうきん者だった。
そんなAの事を一つも分かっていなかったばかりか、助けてもやれなかったからだ。

そんな事件があった数カ月後、俺らは中学を卒業し、俺とBは隣町の高校へ、DはY区の高校へ通っていた。

448 :偶然18:2009/05/04(月) 16:12:27 ID:a4hgF4Zj0
Cは……Cは…もういない。
同年五月六日、自宅のマンションから飛び降りた。
原因は分からない。

450 :偶然 終:2009/05/04(月) 16:21:05 ID:jE5xO4o10
意味分からないですよね。俺も分からないです。
Aが何故、怖い話であの話を持出したのかも分からないです。全て実話です。
これは決して幽霊がどうたらって話しじゃないんです。そんなじゃないんです。
全て偶然。たまたま起った事です。偶然です。AもAの叔父もCも。偶然です。
彼らの命日が誕生日である事も。

不思議 呪い 学校 心霊スポット 怖い話 意味怖 映画 洒落怖 生きた人間 神様 都市伝説