ぞぞのむこ ネタバレ 感想 レビュー-じょっぷに-順風満帆な女子大生が引き起こす狂気のサイコスリラー

ぞぞのむこ のレビュー・感想記事になります。

今回は『じょっぷに』のあらすじと感想を投稿したいと思います★

!ここから先はネタバレを含みます!

2.じょっぷに

女子大生の蕗子は友達も多く容姿端麗、順風満帆なキャンパスライフを送っていました。
しかし彼女は定期的に万引き行為をしないと、心の平穏を保っていられなかったのです。

ある日彼女は大学から遠く離れた駅で降り、万引きが出来る店を探します。
彼女が降りた駅は『漠市』でした。
そして彼女は二軒の向かい合った文房具店を見つけます。
一店は繁盛し、もう一店はガラガラ。
蕗子は迷いなく繁盛している店に入り、ハサミを万引きしました。

しかし、その瞬間を同じ大学の矢崎に見られてしまいました。
焦った彼女は素知らぬ顔でハサミを棚に戻します。

足早に店を出て、もう一軒の文房具店に入る蕗子。
「そっちはダメだ」と言う矢崎の声を無視して。
そこは客も店員もおらず、並んでいる商品は全て先ほど彼女が盗もうとしていたハサミ!
気づくと蕗子はハサミを1つ持って店の外にいました。
今すぐ返すように忠告する矢崎を無視して帰宅する蕗子。

それからと言うもの、蕗子は≪じょっぷに≫という奇妙な音を聞くようになります。
気味が悪くなった蕗子は文房具店へハサミを返しに行くことにしました。
しかし、繁盛していた文房具店しか見当たりません。
あのガラガラだった文房具店のあった所は小鳥屋になっていました。

蕗子は怖くなってハサミを捨てますが、何度捨てても必ず戻ってくるハサミ。
やがてハサミは何かを切りたくて切りたくてたまらなくなって行き…
友人をたぶらかす悪い男を
どんな時も助け、アドバイスし導いて来た筈なのに裏切った友人を
自分を犠牲にしてまで沢山頑張って来たのに認めてくれない母、妹を・・・

んじょっぷにぃぃぃぃぃ!!!!

この話はサイコスリラーですね。。
じょっぷに。口に出して言ってみたくなりませんか?
肉を切る音って正にこんな感じなんでしょうね。
こんな擬音語を思いついた井上先生。怖凄いです。
「ハサミ」をこんなにも気持ち悪い話に出来るなんて、、

蕗子は他者の為に自分を犠牲に出来る、心優しい人だったと思います。
周りから評価されればされる程、少し自信過剰になっていた、天狗になっていたとは思いますが、こんな終わりを迎えるとは。。

蕗子の最後を目撃したドライバーの方はトラウマになったでしょうね( ˊᵕˋ 😉
夜道でハサミ持ってブツブツ言ってる女がいたら怖すぎる:(´◦ω◦`):
アタサワ。漠市の中でも絶対に近づいてはいけない場所。
あたらず、さわらず。